うちの家は外壁塗装が必要?外壁状態チェックリスト

外壁は、目にみえる劣化が進んできたときが塗り替えのサインです。ここでは外壁にみられる具体的な劣化症状や、新築から何年程度で現れるのかを紹介します。

ひび割れ:築15〜20年

わかりやすい劣化症状のひとつとして、ひび割れがあります。実はひび割れは大抵どこの家にもあるため、そこまで気にすることはありません。地震が多い地域や大きい道路に面した家などは、振動によってひび割れがおこりやすいため、必ずしも建物の劣化であるとは限らないからです。ただし手抜き工事や建物自体が劣化しているケースもあるため、症状がひどいときは一度専門家にチェックしてもらうといいでしょう。

チョーキング:築10〜15年

外壁塗装のよくある劣化症状としてみられるのが、チョーキング。樹脂塗料を使った塗装の場合5〜10年で起こるのが平均的です。ふとした瞬間に壁をさわって、服や手に白い粉がついた経験はないでしょうか。このような状態では建物の防水性が低くなっているため、放っておけば建物内部まで傷んでしまうことにもつながります。

カビやコケ:築10〜20年

表面の色が変わるため判断しやすいのがカビやコケ。塗料の防カビ効果が薄れてきた時期に起こりやすいといわれています。カビが内部に及ぶまで放置してしまうとシックハウス症候群など健康への被害も懸念されるため、早めに対策したほうがいいでしょう。塗装をする前には下処理として、カビやコケを高圧洗浄で落としてもらえます。

変色:築10〜20年

経年とともに徐々に起こってくるのが変色。特に淡い色の外壁の場合は目立ちやすいのですが、毎日見ている自分の家だとなかなか気がつかないことも。周りの家と比べたり、写真に撮ったりして客観的に判断してみるといいでしょう。

塗料の膨れやはがれ:築10〜20年

内部に雨水が入り込んでしまったり、湿気が外に出ようとして塗膜を押し出したりすることで起こるのが、外壁の膨れやはがれ。一度はがれるとどんどん範囲が広がり、そこからさらに雨水が侵入して建物の劣化を加速させます。見つけた時点で補修して、再発防止に努めましょう。

賢く外壁塗装するならコスパを重視! 長持ち塗料に対応している、佐賀のおすすめ外壁塗装会社3選

高い技術が必要となる「無機塗料」まで対応可能な会社を調査。
保証年数10年以上(中には業界最長15年の会社も!)&ローン支払いもできる安心の外壁塗装会社を厳選しました。